新春恒例! しまなみ海道ツーリング


今年もしまなみ海道を走破してきました。 前もって猿をタイヤ屋さんに預けておいたので当日の朝、工場長に家まで迎えに来て貰いタイヤ屋さんで工場長のキャラバンにいつもの如くKAZUさんと僕のも便乗させて貰い7時に出発! 井川I.Cから本線に乗ったところでよっちゃんからTELがありまもなく出発とのこと。今回のトランポはshowsackさんのステップWGNなので黒ゴリでエントリーらしい。 松山道に入ったところで香川組と無線が繋がり徳島組が先行しているとのことで途中僕らを追い越したよっちゃんたちに続いて30分余りで集合場所の松山道入野S.Aに到着。 少し遅れて香川組が到着したので新年の挨拶をすませる。 今回は香川組がまっさん、サムソンさん、グレープさん、1年ぶりにご一緒する森さんの4台と徳島組の5台に去年のイワサキオフでGクラフトのスマイリーさんが徳島出身で正月は帰省していると聞いたので声を掛けたら是非にとのことで総勢10台だ。 

工場長のキャラバンに3台積載してます


左から工場長、showsackさん、よっちゃん    言わずと知れたまっさんのステップ


スマイリーさんはモトチャンプ誌面で連載していたあの山エイプでエントリーとのことだ。 程なくスマイリーさんも登場して8時にS.Aを5台がコンボイ状態で出発した。 

     スマイリーさん登場!  &相棒の山エイプ


みんな初めて見る山エイプのデカさに驚いてました

道中は無線でまたまたきわどい内容オンパレードの話をしながら今治を目指す。 新居浜を過ぎると車窓右にこれから向かう来島海峡大橋がくっきり見える。 天気はとても良さそうだ。 今治湯浦I.CからR196に乗り換え、途中のコンビニでトイレ&足懐炉の買い出しをしてたらスマイリーさんと工場長が名刺交換なんかしていた。 スマイリーさんは今回僕たちにnewGクラステッカーをお土産に持参してくれた。いつもありがとうございますm(_ _)m 

スマイリーさんの名刺はなかなかお洒落です

再スタートしていつもの糸山公園に車を止めそれぞれバイクを下ろし身支度をして9時過ぎにスタートした。 


来島海峡大橋は風も強くなく暖かく感じるくらい穏やかで中間の料金箱に¥200を入れて先に進む。 橋を下りると大島で島内の国道を走ってしばらく行ったG.SにKAZUさんが入ったので年末にキャブセッティングをしてから給油してなかった僕も一緒に入り給油した。 KAZUさんは大晦日にカムをR15からR20に変更してセッティングが充分でないのかニードルのクリップ位置を変更していた。 工場長も引き返してG.Sのおっちゃんにプラグの在庫を聞いたが欲しい物が無かったようだ。 


給油を済ませ先に進む。 伯方・大島大橋で¥50を払い橋の中間くらいで数台が止まっていたので見るとなんとよっちゃんの黒ゴリのオイルクーラーのボルトが脱落しておりグレープさんが持参していたタイラップやら工具やらを出して応急処置を済ませ再スタートすると橋を渡りきったところでみんなが待っていたので煙草休憩をして再スタートした。 

よっちゃん修理中の図


スマイリーさんが僕を撮ってくれてます      密談中??


    しばし煙草タイム・・・

進入路を下り一般道に下りたところでメンバーを先に行かせ確認したら工場長が来ていないので引き返すとエンジンが掛からなかったとのことで下りで押し掛けしてようやく火が入った。 今回工場長のゴリラは119cc+スペクラ+PE28にバージョンアップしてナラシも終わらない内に持ってきてキャブセッティングも完全に出てなかったので始動しづらかったようだ。 僕も今回’03エンジンにしてVM26のMJを気温が下がっても良いように1番手濃いめの#220にしてきたが思いの外気温が高く(推定5度)少し濃かったようだが酷いときは1度くらいまで下がるおそれもあり、また105ccにしたので中速トルクが充分にあり全開にすることなく巡航出来るのでそのまま行くことに。 次の大三島橋を渡ると直線区間がしばらくあり多田羅大橋袂の多田羅しまなみ公園で休憩を取る。 

ここで工場長のキャブを見たまっさんが
 ま 『SJが薄いんとちがうん?』 
 僕 『京浜はSJを戻すと濃くなるんでしょ?』
 ま 『PE28は逆じゃわ〜』
 僕 『ひえ〜〜〜〜(爆)』

今まで散々触って初めて知りました。 そりゃいつまで経ってもセッティング出ない筈やわな〜・・・ 工場長嘘言ってスンマセンm(_ _)m ということでKAZUさんがスローを合わせると簡単に始動した。 よっちゃんはエンジンオイルを入れすぎたようでブローバイからオイルがしたたり落ちリヤタイヤを濡らし止まるたびにオイルをふき取っていた。  

再スタートしてスマイリーさんの後ろを走る。 誌面では解らなかったが山エイプはXR100のエンジンに換装しているのでなかなか良い走りをするが参加車中ナンバー1の爆音を振りまき、アクセルオフではアフターファイヤーもする楽しいバイクで僕はヘルメットの中で笑いながら多田羅大橋を渡り生口島に入ると工場長と3台で走ってたら信号がきわどく赤になり工場長の直後だったスマイリーさんが咄嗟に左に避けて止まったのでそのテクニックに僕は思わず拍手(爆) スマイリーさん曰く『山エイプはタイヤの外径の割にブレーキドラムが小さいので急制動が苦手』とのことだがスマイリーさんはマージンを充分取ってるので安心して付いて行けた。 西日光耕三寺脇を通り生口橋を渡ると因島だ。 下りてすぐのいつものG.Sで給油タイム。僕は大島で入れたので帰りに給油することに。


再スタートして因島市の目抜き通りを抜け因島大橋を渡る。渡りきったら直角カーブで曲がると凍結防止の塩だらけでまるで塩サウナ状態!!(核爆) 巻き上げないようゆっくり走るとすぐの直角カーブで矢印の白線に乗ってリヤが滑った(引きつり笑) 少し下ると先頭が止まったのでバイクを並べてしばし撮影会。 ここでもよっちゃんは噴いたオイルを拭いていた(笑) 


向島に入るといつも3速で越える路面の悪い小高い丘が新しく舗装されており、’03エンジンはトップギアで余裕で越えられたのでまたまたニヤリ(笑)  最後の尾道大橋は先頭のまっさんが10台分まとめて料金を払ってくれるので(といっても全部で¥100)隊列を整え料金所を越え先の分岐で左に下りるはずが下りない(爆) これはいかんと先頭まで行って止まりUターンして本来のコースから2号線に乗り市街地へ。 今回はスマイリーさんの『尾道ラーメンが食べたい』のリクエストがあったので事前に広島県人のモトラー安芸男さんに聞いたりる○ぶとかで調べたが正月にやってる店が無いので行き当たりばったりで探すことに。 尾道市役所を越えたすぐのラーメンの看板を発見しそこへ入ることに。 時刻は正午を少し回ったところだった。 看板には旅行ガイドには載せない店って書いてあったので入ってみんな尾道ラーメン¥450を注文した。 


大にしようと思ったらまっさんが『いつものお好みも行くよ』とのことで小にした。 先に4つ来たのでまっさん他3人の先発隊に食べて貰って、お好み屋に先に行って10枚注文して貰った。 初体験の尾道ラーメンは透き通ったしょうゆのスープに縮れのない半田素麺のようなコシのある麺(徳島県人しか解らないかな〜?)でこってり系ばかり食べている僕には結構新鮮だった。 スープも飲んでしまいたかったがお好みが待ってるのでやめておいた。 



カメラを向けると頼まなくてもサービスしてくれます(笑)   ペアルック!(マジ爆)


  森さん食べてます!

続いてはおなじみ石畳でお好み焼きを食べた。 話好きのマスター曰く『最近しまなみの歩行者自転車原付道は硬貨の代わりにワッシャーとか入れて無銭通行する輩が居る』と嘆いていたが僕らはちゃんと払ってますので念のため(核爆) ボリューム満点でチト苦しかったが何とか完食! スマイリーさんは『TVチャン○オンの大食い選手権みたい』って言って苦しそうだったが結局食べれずに残していた。 まあ、ラーメン食ってきたって聞いたマスターもあきれてたんで結果オーライって事で・・・(爆) 





目線で解りませんがよっちゃんの目は完全に逝ってます(爆)


食事を済ませしばし談笑の後帰路に就く。 帰りの尾道大橋もまっさんにまとめて払ってもらい向島に入ってきつい丘を駆け上がろうとしたら先頭から銀の物体が飛び出して側溝に落ち込んだので止まって見たらKAZUさんのネットファンネルだった(爆笑) 拾ってバックに入れ再スタート(笑) 因島では突然リヤが直線で滑ったのでパンクかな?と思いタイヤを見てもエアが充分入ってたので気のせいかな〜と思いながら給油で立ち寄ったG.Sで見たらなんと右側のチェーンアジャストのダブルナットが2つとも脱落していた(自爆) ここでもグレープさんが余分のナットを持っていたのでそれを借りて事なきを得た(笑) ちなみにKAZUさんにファンネルを渡したら『脱落したの全然知らなかった〜〜』とのことで一同大ウケ(爆) 

この時点でナットがないのに気付いて良かったです

生口島では多田羅大橋入り口でshowsackさんが暴走して通りすぎてしまいよっちゃんが全開で呼び止めに行く羽目に(激笑) 引き返してきたので多田羅大橋を渡り多田羅しまなみ公園でまたまた休憩を取る。 去年は帰りにここで雪が降り出して全員凍る思いで走ったが今年は海峡部は晴れで手足の先も全然寒くない。 ハンドルカバーをした中にグローブを履いていたまっさんも途中からグローブを脱いで素手で走っていたらしい(笑)  みんなお土産を買いに行ったり山エイプに跨ったりでしばし談笑して僕も帰りの橋代¥50を作るため缶コーヒーを飲んだりしていた。 




再スタートしてからはみんなほぼ隊列を乱さずに伯方島から大島へと渡り大島を走っていたら前を走る山エイプのナンバーが段々揺れが大きくなっている。 よく見たらマウントボルトが一つ脱落しているようだ。 まあ、止まったときに言ったらいいわと思って走っていたらこれが旨く?信号にも引っ掛からず来島海峡大橋に上がった頃にはナンバーがテールごと斜めになって継ぎ目を越えるたびにいつ外れるかヒヤヒヤものだったが中央の料金所で止まったとき声を掛け何とか間に合ったがプレートが海中にでも落ちたら絶対拾えませんわ(爆) ここで緩んだボルトを増し締めして僕が持ってたタイラップで片方を止め料金¥200を払い残りを走り糸山公園に無事到着! 車に戻ってみんなで記念撮影をして帰路に就いた。 





帰りの道中も無線で馬鹿話のオンパレード(爆)で途中の石鎚S.Aで休憩した後解散した。

今回は終日好天に恵まれ、また大きなトラブルもなく(笑)全員無事完走しました。 スマイリーさんに来年は?って聞いたら『勿論エントリーしますよ!』とのことです。  ’03エンジンが思いの外走ったので楽に往復出来たので少し走り足りないくらいでしたが真冬ですし安全マージンを考えると丁度良かったかな? いつも車載工具にタイラップとステンレスワイヤーは入れてるけどこれからはナットも入れておこうと自覚しました(核爆) おわり

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO