'06新春恒例しまなみツーリング
狂犬(マッドドッグ)吼える!の巻(爆)

1/2に今年もしまなみ海道を走破してきました。 参加者はチーム三豊がまっさんとサムソンさん、徳島組がルフィー親分、2年ぶりにエントリーのshowsackさん、オートランド大岡さんとお客さんのTさん、おなじみGクラフトのスマイリー田中さん&スマさんのお声かけで松山から大型スクーターのマフラーなどでおなじみのホットラップの高山社長がエントリーしてくれ、広島から金ちゃんがエントリーと僕で総勢10名です。昨年は朝エンジンがかからないというトラブルに見舞われたので今回は昨年末に整備したらMJが20番低いものが入っていたので交換したりメンテナンスをして大晦日から車載して万全の体制で臨みました。

朝6時に地元の金ちゃんにTELで天候を確認すると路面は濡れているが予報を見る限り大丈夫だとのことで決行を皆に伝え朝7時に井川I.Cからエミーナ号に猿を乗せスタートした。 今年いつも一緒に行く工場長は欠席したので一人だ。 県境を越えたところで無線でまっさんを呼んだら既に入野S.Aに到着しているとのこと。 暫く話しながら松山道に乗り換えたところでいったん交信を終える。 何気なくルームミラーを見たらスマイリーさんのキャラバンが後ろに付いていたのでそのまま2台で入野S.Aに7:35頃に到着したらshowsackさんのステップWGNは既に到着していた。 早速挨拶を済ませしばし談笑していたら程なく大岡さんとTさんも到着したので挨拶を済ませ入野S.Aを予定の8時より早く出発できた。 


これまた新春恒例挨拶大会             亀山より2台来たる!


今治湯ノ浦I.CをETCでくぐり、今治市内を暫く走ったいつものコンビニで時間調整方々買い物をし、お釣りを橋通過用の小銭で貰う。ちなみに片道に必要なのが100円玉3枚、50円玉4枚、10円玉1枚で合計510円だ。曇天だった空からポツポツ降り始めた。竹原からフェリーで四国に向かっている金ちゃんにTELしたら波方港到着が9時10分とのことなので8時40分にコンビニを出て一路糸山公園へ。 道中薄日も差し始めたのでこれ以上は悪くならないだろう。9時頃には糸山公園に到着しそれぞれ暖気をして準備をする。 


スマイリーさんは昨年購入したXR100モタードにGクラパ−ツが満載だ。(でもエンジンはキャブの遮蔽版まで付いたドノーマルだとは本人談) 松山からエントリーの高山社長も来てスマイリーさん持参の山口社長所有KSR110ヤマモトレーシングスペックAプロトタイプ取り付け車を降ろし暖気を始めた。 暫くして金ちゃんが合流したので出発した。



今年もハンドルカバー隊見参ん!


最後尾について来島海峡大橋に乗る。 糸山公園は寒くなかったが海峡部は少し肌寒いくらいだ。 橋を渡り大島内を走っていると前走車の間からオレンジ色の物体が飛んできた。どうやら誰かのウィンカーレンズのようで引き返して拾いポケットに収め先を急ぐと程なく追いついたので合流し伯方大島大橋を渡り大三島橋を渡った所でみんなが止まったと思ったらスマイリーさんのXR100モタードのチェンジペダルが脱落したということで親分持参のボルトを急遽代用して事なきを得た。 またウィンカーレンズは大岡さんのゴリラから脱落したものだったので金ちゃん持参のビニールテープで応急処置をした。 

Gクラ製品にも『ねじ切れる寸前まで締め付ける』って書いてください(爆笑)


ルフィー螺子商店からお買いあげの品物です


カメラを向けたらお茶目なスマさん         ウィンカー応急処置してます





天気は晴れ間も見え大丈夫そうだ。前を走っていた金ちゃんのDAXのマフラーからパンパンとアフターファイヤー状態になっていたのでここでニードル位置を変えたりしていた。(これが惨劇を生むことに・・・爆笑) 

しばし休憩の後先に進む。 多田羅大橋を渡ると生口島で毎年耕三寺の周辺が混むので事前に地図を見ていたらいつも島内を右回りに走って生口橋に向かっているが左回りに進むR317が近そうなので今年はそちらを通ることに。 こちらのルートはアップダウンも少ない地元の生活道らしく快適に走れた。 少し走った信号待ちで突然金ちゃんのDAXの回転が上がって竿立ちウィリー状態で前のTさんに突っ込みそうに(木亥 火暴) 

とっさに左に振り間一髪Tさんの肩口をかわしそのまま路肩を越え歩道で何とか着地して回転の上がっているエンジンを何とか止めた。 親分以外は気が付かず先に行ってしまい結局3人で原因を探っていたら先ほどニードル調整したときにワイヤーの取り回しが悪くアクセルの戻りが悪くなっていたので元に戻して調整していたら親分がインマニ取り付けボルトのゆるみを発見した。 ここから2次エアも吸っていたようで増し締めしたら事なきを得たので再スタートした。 結局生口橋まで約10km、耕三寺回りより3〜4km近く信号も少ない快走ルートだった。 因島でいつも止まるG.Sで給油する。 金ちゃんは再び各部点検したが大丈夫そうだ。 







阿波のパニアケース隊見参ん!

ここで時間は11時、昨年親分と断念した向島にある映画『男たちのYAMATO』ロケセットに再び立ち寄る事にして出発する。因島大橋を渡り向島に入り88ccだと苦しい88殺しの坂(勝手に命名)を越え、日立造船入り口に近づくにつれまたもや昨秋同様渋滞で、どう考えても見るまで何時間もかかりそうなので諦めて尾道駅側から見ることにして再スタートした。 尾道大橋を越えいつも行くお好み焼き『石畳』を過ぎ尾道駅前側で対岸の大和ロケセットを眺め記念写真を撮る。 







昼前に石畳に行きマスターに挨拶し焼けるまでしばしロケ裏話などを教えて貰ったりした。 









食後マスターの薦めで機関砲が見えるポイントまで歩いていきパチリ。 今回も昨秋同様事情通の金ちゃんの解説付きで、セットが艦首と左側しかないのは背景に海が必要なのと左舷に魚雷を集中され撃沈した史実から右舷は必要無いからだそうだ(これを書いた時点で本編は観てません)  



歩きながら初参加のTさんと『四国の山奥の人間が国道2号をモンキーで走るのって感動するでしょ♪』などと話した。 1時過ぎに自宅に直帰する金ちゃんと別れ帰路につく。 遅れた人の道案内方々最後尾について一路今治方面へ。 混雑する向島を抜け因島、生口島を越え多田羅大橋を渡った大三島にある道の駅多田羅しまなみ公園で休憩する。


海峡部は風がきつく今回初エントリーの高山社長は軽装だったので予想以上の寒さだったのかかなり寒そうだったが僕はハンドルカバーと防風インナー着用で対策しているのでそんなには寒くなかった。 みんなお土産を買ったりして休憩していたら金ちゃんから早くも帰宅した旨のメールが来たのでスマさんが『来年は一往復半ね(^o^)』って突っ込んでいた(笑) 

       『かい〜の』                しょうさくさんが『型はめたろか〜ゴルァ!』

再スタートし一路今治へ。 大島に入る頃には雨がポツポツ降り出したが路面を濡らす程度で大丈夫そうだ。 風の強い来島海峡大橋を越え糸山公園に午後3時半に全員無事に到着。やはり糸山公園は海峡部ほど寒くはなかった。 

記念写真を撮り松山方面に帰る高山社長に挨拶をして帰路につく。石鎚S.Aで休憩してそこで解散、みんなそれぞれ帰路についた。 僕はまっさんと無線で川之江JCTまで交信して別れた。


後ろ左から並び順に 僕 サムソンさん まっさん Tさん オートランド大岡さん
            ルフィー親分 showsackさん スマさん 高山社長

今回は心配していた天気も持ってくれ、金ちゃんがやっちまった以外は大きなトラブルもなく楽しいツーリングでした。 金ちゃんはスマさんから『マッドドッグ』のミドルネームを拝命しておりました(爆笑) おわり

おまけ《スマさんと高山社長のあっま〜〜〜い間柄♪

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO