いくな街道を再び走破してきました

梅雨入り直前の6/9、久々にC.B.M大型ツーリングに行って来ました。 
今回は去年のエンジンブローから再び蘇ったOさん&Z2、Fさん&ZEP1100、大岡さん&BROS1、そして僕&CB−Fの4台です。

朝8時集合なので集合場所のあめご亭に向かう。 道中無線のPTTスイッチを握ると何と発信しない! 無線機本体のスイッチなら発信するので手元のスイッチだなぁと思いとりあえず集合場所でスイッチのカバーを外してみると何と結線のハンダが外れていたので近所の大岡さんのお店(オートランド大岡)に駆け込み出発前の大岡さんに手早くハンダ付けして貰いテストするとばっちりなので大岡さんと集合場所へ向かう。 
先に到着していたOさん、Fさんと今回参加出来ないが元くんが02仕様になった忍者900をお披露目に来てくれていた。  行き先は事前に相談していたいくな街道(国道197号)走破ということだが0さんから「お昼は天狗高原の天狗荘で食べよう」との提案がありそうすることに。 朝から日差しがきつく気温も上がりそうなので早速出かけることに。 昼から忍者会のオフミに参加する元君と別れ出発する。

元君の忍者改。 倒立フォークが素敵ですね!
いつものように行き先を・・・

国道32号を南下し一路高知方面へ。 修理した無線機のスイッチも問題なく快調に県境を越え高知県へ入ると程なくOさんのZ2が予備タンクになったが途中で給油する事に。 今回OさんのZ2はGPz1100のクランク&フライホイールを大加工の末組んだエンジンで、バランスの取れたクランクとノーマルより回転マスの減ったフライホイールで調子が良さそうだ。 間もなく根曳峠というときにOさんが無線で「ガス欠じゃ〜!」とのこと(爆) あんまり快調なので給油するのを忘れたとかで止まりかけたもののタンクに残った僅かなガスで何とか峠を越え下りは惰性で下り(エンブレ無しでの下りはかなり怖いです。僕もモンキーで体験済み)峠麓のG.Sで無事?給油を済ませた。
ついでにみんな給油してとりあえず南国I.Cから高知道に入り程なくの南国S.Aで休憩する。 

さすが高知、日差しがきつく、気温も高いのですぐにツナギを脱ぎ日陰に入りしばし談笑する。 ネタはもちろんガス欠ばなし(核爆) 暫く休んだ後スタートする。

伊野I.Cで下りR33を佐川町に向け走る。 伊野町を越えると一般車も少なくなり流れが良くなり佐川町からR494に乗り換え斗賀野トンネルを越えると須崎市に入り狭い峠道を下っていると後輪をインリフトして曲がっていく軽トラが居たので付いていったら程なくR56に出たので須崎市内をパスする須崎バイパスに入ると先行していたはずのOさんが止まっていた!! 様子を聞くと今回リアブレーキのローターとパッドを新品にしてきたが、タッチ向上の為に遊びを無くしてきたのが災いして引きずり気味になったとのことで遊びを素早く調整すると、あっさり再スタートした。(さすがC.B.Mのロブマジーですな〜 笑) 須崎市内をパスしていよいよR197いくな街道に入る。
此処は快走ルートなので僕以外の3人はあっという間に居なくなったので無線を聞きながら一路檮原町を目指す。
ツーリングであろうバイクの一団と対向し気持ちよく走ること約50km、檮原町の天狗高原大規模林道を一路天狗高原へ向かう。 先行組とも再び無線が繋がり20km程の登りのワインディングを3速6000rpm位で軽く流していたら突然路面に無数の石がありフロントで踏んだが無事クリアしたのでビックリしながら先へ進む。 真っ暗で途中コーナーの恐ろしいトンネルを抜け上を目指すと稜線から見える空は気持ちいいほど快晴で上機嫌で登っていくと頂上の天狗荘にお昼前に到着した。 さすが標高1400m、エアコンが効いたような快適さにかいた汗もスッと引いていく気持ちよさで少し休憩したのち昼食にする。 みんなそれぞれ注文し約1時間ほど食事しながら談笑し、山をくだる。 


食事中! と標高1400mからの景色です

例により先行したOさんから少し離れて愛媛ナンバーのカスタムニンジャの後を追うように大岡さん、Fさん、僕の順番で一気に駆け下りる。 Oさんは無線で「Z2のエキパイから排気漏れがしている」と言っているがお構いなしで走っているようだった(爆) 麓まで下り再び197号に乗り換えを大洲方面に向かう。 前回お昼を食べた(雲の上のレストラン)を過ぎ県境のトンネルを越えるといよいよ愛媛県に突入! 日吉村に入り暫く走っているとみんな止まっているので(早くも休憩?)と思ったらなんとOさんのZ2がトラブル? 

ヒューズが飛んだみたいだがスペアに換えたりして様子を見たが接触不良で、色々探っていくと管ヒューズの取り付けギボシが緩かったらしく、それが原因で飛んだみたいだったので応急処置で無事(笑)復活! ところで無線で言ってた排気漏れはというと何と1番のエキパイのフランジナットが2つとも脱落してフランジがブラブラしてたのでオイルクーラーのコアガードの取り付けナットでこれまた応急処置(核爆)によって無事復活したので先に進もうと出発したがOさんが無線で返答しない。ジェスチャーで聞こえているのは分かったが発信しないようだ。 暫くFさんと2局で無線であーだこーだ言いながら走っていたら突然Oさんが復活! どうやら今回投入したGPz1100のフライホイールローターが過充電気味らしくライトを常時点灯させていれば電圧が安定するので無線が使えるとのこと。なかなか流用チューンも難しいですなぁ〜。 

宇和島方面との分岐点を右に取り城川町の『道の駅きなはい屋城川』で休憩を取る。 丁度パーキングの横のあずまやに座ると裏の川からの風が涼しくかいた汗もスッと引いていくようだ。


 暫く休憩して丁度営業していた近所のG.Sで給油して先に進む。 道もだんだん登りになっていき鹿野川沿いに進むと鹿野川ダムありダムをを越えると下りになり交通量の少ない道を快走して大洲市に入るとすぐ県道に乗り換え一路内子方面へ。 15km程川沿いに走ると遠くに内子の町並みを見てR56に一旦出てから前回雨のために通らなかったR379に乗り換える。
 川沿いの1.5〜2車線を暫く走るが道の先にお四国さん(四国霊場)でもあるのか観光バスや一般車が結構多くそれを交わしつつ先に進み小田町に入りR380との分岐を越え2車線の快走ルートを気持ちよく流していたら無線ではOさんとFさんがとても此処では書けないような速度域の話をしていた(爆) 広田村に入ると気温は25℃、川沿いの2車線を暫く走ると『道の駅ひろた』で休憩する。木陰にバイクを止め石鎚の天然水なる水を片手にしばし談笑する。



ここで時刻はPM3:30、丁度良い時刻だということで出発する。 上りのご機嫌ルートを暫く走りトンネルを越えると松山市に向けて一気に下る。 程なく単線道になり砥部町にはいると砥部焼の窯元を過ぎR33に乗り換え途中、川内町への県道に乗り換え川内I.Cまでは結構一般車も多かったが高速は捕まらない程度の快走で走っているが僕の無線のマイクでは風切り音が大きく内容が聞き取れないとのことで暫く沈黙する(爆) 入野P.Aで最後の休憩とのことなので目指していたらいきなり目の前に黄色い旗を振っているお巡りさんが! よく見ると覆面パトが車を捕まえていたのでそれを横目に入野P.Aに入り最後の休憩を取る。



昼食にラーメンしか食べなかったのでおなかが減ってたので売店で(たこマヨ棒)なる練り物を見つけ、Oさんが代金を払ってくれたので遠慮なくみんなでごちそうになるm(_ _)m  暫く休憩し一路池田I.Cを目指す。 30分程で池田I.Cに到着してここで解散した。 

今回は好天に恵まれルートも良くみんな大満足の1日でした。 R379はみんな気に入ったらしく次回も走りたいとのことなのでまたルートを考えねば!!    本日の走行距離約450km  おわり

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO