大型車でツーリングに行ってきました

11月24日に久々の大型ツーリングに行って来ました。 前日に急遽決定したので参加者は工場長&FZR1000、Fさん&ZEP1100と僕の3台(苦笑)だった。

AM8時にタイヤ屋さんにて工場長を待っていると程なく来たのでFZRの暖気をし、無線機のチェックをして程なく出発した。 途中給油をして満タンにしてFさんと合流するあめご亭に到着するとすぐにFさんも到着して行き先を相談する。 



工場長の’91FZR1000(左)とご存じFさんのZEP1100改(右)

この日は降水確率も低く雨の心配はなさそうだったが標高の高いところだと寒いだろうとのことで6月に行ったR197走破ルートに決め早速出発したが工場長の無線に声が乗ってこないので停車して調べたらヘルメット側のピンジャックがきちんと入ってなかっただけだったので奥まで差し込み再び出発した。 R32は気温こそ低いものの我慢できないほどではなく(今回は真冬並の装備でグローブもウインターだった)車も少ないので気持ちいいペースであっという間に根曳峠まで着いたがいつもの休憩場所は日陰で寒いので峠を下った道の駅南国で休憩することに。 トイレを済ませると丁度10時を知らせるからくり時計がなっていた。 

さすが高知、日差しも暖かく気温も高い。 気持ちいいのでしばらくひなたぼっこよろしく談笑して、再スタートする。


すぐ側の高知道南国I.Cから先頃西進した須崎東I.Cを目指す。 料金所でチケットを取って左に止めたらすぐ前でパンダが出動前の点検中(笑) そそくさとチケットをしまいランプを駆け上がったら本線合流手前でこれまたパンダがハザード出して止まっている(笑2)のでパスして本線を90km位で流す。 前回この速度で無線が聞き取れないほど風切り音をマイクが拾うと言われてたのでマイクの側にスポンジを貼り付け対策してきたのが功を奏したようで高速での交信もうまく出来た。 伊野を越え新たに開通した区間を走ろうと思った矢先後ろから爆音が! ドカティばかりのツーリングの一団が次々と抜いていき(中にはMHRやdb1まで)最後は750PASOだった。 その一団も土佐P.Aにすぐ入ったので結果的には先行した。 ここから20キロほどで須崎東S.Aに到着。 1000円で高知市と土佐、須崎両市の慢性的な渋滞を抜けなくて良いのでこれはありがたい。 


R56からR197に乗り換え一路愛媛方面へ。 車も少なく無線では相変わらず馬鹿話ばっかで程良いペースで流す。 葉山村を過ぎて標高が上がり始めると所々路面が濡れている。 どうも朝霜が解けてまだ乾いてないようでカーブの先がいきなり濡れてたりするので注意して先に進む。 程良いペースで流せるので檮原に入っても疲れずに走っていると工場長のFZRの燃料が心配とのことでG.Sを探すが街道沿いの店は軒並み休業。 まあ、愛媛側ならあるでしょうってことで県境のトンネルを越え日吉村に入って程なく開いている店があったので僕以外は給油。 僕はここまでで160kmしか走ってないので内子に抜けてから給油することに。 ここで時刻はAM11:45、食事場所を探しながら先に進む。 宇和島との分岐を過ぎしばらく走った城川町でレストランを見つけ入る。 工場長とFさんはカツ鍋定食で僕は名前を忘れたが揚げ物盛り合わせのような定食¥850也を注文し食事の間談笑していると今回参加できなかったKAZUさんから工場長にメールが入ったりしていた。 

かつなべ定食(左) と僕が食べた??定食(右)

ご両人食事中の図(笑)

食事を済ませ再スタートしようとしたら工場長のFZRのセルが回らないどころかキーONでニュートラルランプも点かない。 ヒューズかなと思いとりあえずバッテリーを見てみると−側のターミナルが緩んでいただけだったので締め付けると問題なく復活したが一応念のため+側も締めて再スタートした。 城川町を抜けると鹿野川沿いのワインディングに入るのでこれまた快走であっという間に内子方面に向かう県道に乗り換える。 工場長はここからは初コースだがご機嫌コースにお気に入りのようだった。小田川沿いに快走して五十崎町に入った道路沿いの自販機を見つけここでしばし休憩を取る。 缶コーヒーで暖をとりしばし談笑。 
ズームで撮ってみました(笑ばっか)

しばらく休憩の後R56に出てからすぐのセルフG.Sで僕が給油した。 しかしここのG.Sときたら機械が使いづらくてタッチパネルのレスポンスは悪いはカードは使えないわで最悪(爆) おまけに店員も出てこないし・・・ ってことで2人に笑われながらやっとこさ給油完了。220km走って10.5L、ほんと低燃費ですわ。 ここからR379に乗り換え再び山中に。 途中単線だがほとんど2車線のこれまたワインディングが続くルートを一路砥部町方面へ。 車も少なく快走できるので夏に来た時止まった道の駅にも寄らずに抜けようと決めた矢先にその道の駅からCB1100RDが出てきて僕らの後ろを付いてきていた。工場長と無線であーだこーだ言いながらトンネルを越え下りにはいると先行していたが車が詰まっていたのでFさんに追いついた。麓近くまで下りたところで件の1100Rが僕らを抜いていった。 R33に乗り換え一路松山方面へ。 かなり渋滞しているがいつものことなので気にせず先に進むと先ほどの1100Rが重信側沿いのバイク屋さんに入っていったのでホーンを鳴らし一路松山インターへ。 ここからは高速だが仕事でよくここを走っていると覆面パトをよくみかけるので捕まらない位のペースで流す。 新桜三里を越え4車線になったところで100km走行でも無線がかろうじて使えるので石鎚S.Aで休憩を取ることに。 


小腹がすいたので工場長はコロッケ、Fさんはホットドッグ、僕は明太子パンを食べながら談笑する。

 時刻はPM3:50、川之江I.Cで下りることに決めて再スタートした。 西条から東は120km弱で走っていたら案の定対向車線では覆面のR34が獲物を捕まえていた。その直後右からベンツが追い越していったがこのドライバー、なんと携帯メールしながら高速を走っていた(核爆) 土居I.Cを越えたところで先行していた工場長がペースダウンしていたので抜いて直ぐの川之江I.Cで下り料金所を出てから聞いてみると丁度予備タンクになったので低燃費走行をしていたとのこと。 R192沿いのG.SでFさん共々給油して帰路に就くと早々に前をまたまたパンダ様×3台(爆) どうやらすぐ先で事故をしていたようで現場を過ぎると後はクリアーだったので3台で気持ちよく流して自宅まで帰ったら5時を少し回った処だった。

今回は3台だけでしたが結構楽しくまた、心地よい疲労感が少し残るくらいでした。 ’02年はみんな多忙で大型でツーリングは2回しか行けませんでしたので’03年は3〜4回はメンバー揃って行きたいと思ってます。 おわり

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO