花見ツーリングに行ってきました

3月30日今年も花見ツーリングに行ってきました。 参加者はOさん&Z2、工場長&FZR1000、Fさん&ZEP1100、僕&CB−Fです。

朝7:30に工場長の勤めるタイヤ屋さんへ向かうべく実家でFの暖機をしていると無線機がないのに気が付く。 『こりゃマズイ』と慌てて自宅に帰り探すが見あたらない。  よく考えるとやはり実家に置いてたなと思い実家にTELしたらお袋が別の場所に保管してくれていたとのことでまたまた実家に戻りとりあえず実家側のタイヤ屋さんへ。

 着くなり工場長が『FさんのZEPのエンジンが掛からない』とのこと。丁度Oさんも通りかかったのだがZ2がいつもと音が違うので聞いてみると『FCRの油面を下げすぎたのか薄い』とのことだが大丈夫とのことでとりあえずFさんの自宅方面まで行ってみることに。  

予報では1日中好天で最高気温はこの時期には珍しい20度まで上がるとのことだったが春分の日に開通した国道バイパスの温度計はまだ8度だった。ツナギの下にはタイツを履いて来たが朝は丁度良いくらいの肌寒さだ。   20分ほどで現着して缶コーヒーで暖を取る。 

Oさんは今回おニューのレザースーツだが富士山マークのパンチングメッシュモデルなので股のザイロンニットから入る風が冷たいらしくしばらく震えていた(爆)  




半時間ほどしてFさんから『プラグがかぶって始動しないので先に行ってて』とTELが入るが『折角の機会なので待ってるからプラグ新品にして来て』と言ってもう少し待つことに。 国道沿いなので沢山バイクが走って居るのだが中でも派手なアクションでレプソルカラーにオールペンしたファイヤーブレードとそれを追う一段が通りすぎていった。 1時間後に再びTELしてみると受話器の向こうではエンジンが吹け上がっている音がしているので大丈夫そうだ。程なくしてFさんも合流したので再スタートした。


1時間待ったおかげで気温も少し上がったのか肌寒さは感じなくなっていた。 少し走った国道沿いの茶店で先程のファイヤーブレードの一団が丁度休憩を終え再スタートするところらしかったが県境を少し越えたところで追い越していったらOさんは当然の如く追いかけていった(苦笑) そうなるとFさんもそれを追って行き僕と工場長はボチボチ行ってたら後ろから隼が抜いていくと工場長が追いかけていった(爆) 今回工場長のFZRは前回不調の原因だったキャブASSYをヨシムラMJNキット組み込みキャブに交換したので凄く調子よく、また加速も隼と良い勝負している!! 僕はメットの下で無線でみんなの様子を聞き苦笑しながら先に進む。 根曳峠を越えた2ニころでペースダウンしていた工場長に追いついたので一緒に峠を下ると麓で2台が止まっていた。 流石南国、ここで桜はほぼ満開! 


休憩しているとお遍路さんの杖を積んだマジェスティに乗る初老のおじさんがこちらを見て手を上げていった。みんなで『ああいう歳の取り方せなあかんな〜』と妙に納得する(笑) 慌てて出てきて給油していないFさんがG.Sで給油して一路龍河洞方面へ。 途中の自販機でビール(飲む為の物ではない)を買って龍河洞スカイラインを上がっていくと爆音でチンタラ走る族仕様で2ケツの多分ホーク2を軽くパスして(爆)今は亡きリ−ダーが亡くなった現場に立ち寄り先程のビールと煙草を供え皆で合掌(-人-) あの日も桜が満開だったがこの日も満開だ。 (後で聞いたらまっさんもこの日にここに来てたらしいが時間が違うので会うことはなかったが) 



時刻は11時半だったので少し早めの昼食を取ることに。 三宝山を下り国道方面に行っていると去年の春には無かったGマークの大型スーパーが出来ており側にあった系列のトンカツ屋に入った。 僕以外はロースカツ定食を僕はみそカツ定食をそれぞれ注文し、しばし談笑する。 FさんのZEP1100もスタートしてから調子良いとのことで何よりだった。 決めてなかった午後からのルートもR194で西条市に抜けるルートに決めた。 



それぞれ食べて食後にコーヒーも飲みお会計はFさんが『待って貰って申し訳ないので』と言うことで払ってくれた。 ご馳走様でしたm(_ _)m 再スタートしR55から県道に乗り換え南国I.Cから高知道で伊野I.Cまで乗り混雑した市内をパスする。 
トンネルに差し掛かったところでFさんが『ライトが点かない!』とのこと。 メーター照明も点かないのでどうやらタンクを外したときにハーネスが抜けたかもと言うことだがブレーキランプは点灯しているのでそのまま行くことに。 

伊野I.Cを下りてR33からR194に乗り換えるまでは僕が先導し土佐和紙工芸村を越えた辺りでOさん、Fさんは加速していった(笑)ので工場長としばらく2台で走る。  離れたと言っても無線で通じるくらいなので1〜2キロしか離れていないようだ。 吾北村を過ぎ本川村に入ったところで先の道の駅で休憩をすることに。  皆は給油で止まっていたので僕が先行して行ってたらOさんが抜いていったがライトの点かないFさんはトンネルが多いので僕の後ろを付いてきた。  給油したG.Sのおばちゃんが『さっきこの近くでバイク事故があった』と教えてくれたらしい。他人事ではない、気を付けなければなどと話す内に道の駅木の香に到着した。  標高は高いので桜は蕾だったが日当たりも良く心地良い。 


缶コーヒーを買ってきたらOさんとFさんは既に自分のバイクのタンクを外していた。 やはりFさんのZEPはメインハーネスのライトに行くカプラーが外れており結線するとライトは点いた。 OさんはFCRのニードルのクリップ位置を1段下げて濃くしていた。


 給油のため遅れていた工場長が道の駅を過ぎていったので慌てて無線で声を掛け呼び戻した(爆) 時刻は午後2時半、再スタートした。  県境の寒風山トンネルは四国一長い5432mあり中の待避所に白いバイクに跨った方がよく隠れんぼしてるので速度に気を付けて入ったら早速反対車線で検挙されている車が(笑) やはり居ましたね〜などと無線で話していたら今度は出口付近で相棒とすれ違った(爆笑) 

トンネルを出ると愛媛側は薄曇りで改修工事の終わったR194を下っていき加茂川沿いの桜堤まで来たらこちらはまだ1〜2部咲きだったが花見客は一杯居た(爆)  みんな飲む理由はなんでもいいのねんと妙に納得してR11に乗り換え一路西条I.Cへ。  バイパスとの合流で渋滞していたがすり抜けもせず(路側帯が狭く出来ず?)I.Cで先行していた2台と合流し一路川之江方面へ。 

捕まると面倒なので120km巡航で流す。 無線もほぼ会話が成立するのでやはりマイクにスポンジを貼ったのは正解だったようだ。  川之江I.Cで高速を下りR192を一路徳島方面へ。Oさんの無線が少し開いただけで入らなくなった?? 

日曜なので一般車も多く低速で引っ張られるが登坂車線で交わし県境を越えしばらく走ったコンビニ前で最後の休憩を取ることに。  小腹がすいたので近所のたこ焼き屋さんでたこ焼きを1船買って戻ってきたら香川ナンバーのZ1000R2とZ1000MkUが止まっておりオーナーさん達とOさんがZ旧車会を開いていた(笑) 


途中で途切れたOさんの無線はアンテナの先が振動で抜け落ちたのが原因だった。 缶コーヒーを飲んでしばらく話して解散し、実家に到着したのがPM5:10、走行は285kmで結局今回は無給油でのツーリングだった。

今回はみんな何かとあわただしい出だしでしたがトラブルもなく無事帰って来れました。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO