CB−Fで花見ツーリングに行ってきました
C.B.M.の今年初の大型ツーリングで高知方面に行ってきました。 今回はデジカメを持参したにもかかわらずバッテリー切れという大失態を犯してしまい画像無しの味気ないものになってしまいました(^_^;) 今回の参加者は工場長、Fさん、大岡さん、僕の4人です。

朝7時に前夜から自宅に乗ってきていたFを出し暖機をする間にツナギに着替える。 ダイエットして10kg減量したのでフルオーダーの意味が無くなってしまった(爆)   

身支度を調え工場長の待つタイヤ屋さんへ。  工場長は去年GSF1200に乗り替え、僕が一緒に走るのはこれが初になる。  2台で出発してすぐのローソンで工場長が無線機のマイク用の電池を購入していつもの集合場所へ。  8時定刻に到着した。 無線機の電池を交換したがPTTスイッチの接触不良かスイッチが入らないので工場長は無線無しで行くことに。  

また今回参加予定だったOさんも電装系のトラブルで参加できないとのことだ。  まもなく大岡さんも到着して工場長が給油のためにFさんと待ち合わせのG.Sに向けスタートした。 程なく到着して給油しているとFさんも到着して全員そろったのでスタートした。 

朝の間は寒いかとスリーシーズンジャケットを着てきたが少し肌寒いくらいでサマージャケットでも大丈夫だったくらいだ。 R32を一路高知方面に進む。 Fさんと他愛ない会話を無線でしながら走ってると後ろからKENZカラーのGSXR1100が追い抜いていったが先の道の駅でUターンして引き返していった。 さすがに4月2週目だと高知も桜が殆ど散っている。 

根曳峠頂上の自販機前で休憩のため止まる。 空冷Zばかり10台ほどの集団が爆音と共にヘアピンを立ち上がっていった。 ここで行き先を大岡さんの提案で横浪くろしおライン方面に決め再スタートした。 根曳峠の下りですぐに大型車に追いついたのでゆっくり流し高知市に入って国道から外れ海沿いのルートを快走する。 

浦戸大橋をわたり仁淀川大橋を渡り横浪くろしおラインに入る。 久々に走るこのルートだったが各コーナーには波状舗装がされてありセンターラインにはキャッツアイが埋め込んであった。おまけに山菜採りの家族連れがそこかしこに路上駐車してあったので危なくて走れない(爆) 

軽く流して西端の休憩場所でトイレ休憩をと止まりしばらく談笑していたら凄くレーシーな車が入ってきた。 ロータス470Rという車でエランの兄弟車らしい。 オーナーさんといろいろ話してて価格を尋ね『¥8,500,000』と聞いて一同びっくり!(笑)  

とりあえず昼食場所を相談して高知の有名なーメン屋さんの本店に行こうということになり再スタートする。 道案内で僕が先導することに。 

県道に戻りしばらく須崎方面に走っているとゆっくり走る乗用車の一団があったので先頭の一台を残し追い越し最後の一台を追い越そうと対向車線に出たとたん遙か先の対向車がパッシングの雨あられ!! もしやと思い車線に戻りよく見ると案の定スピード取締中だった(核爆) 交通安全期間中だったこともありいつも以上に注意してゆっくり走っていたので問題なく通り過ぎたが改めて注意しなければと思った。 

R56に合流するところのコンビニで道を尋ねR494に乗り替え斗賀野トンネルを越え佐川町に入りR33に乗り替え一路松山方面へ。 少し走ったG.Sで給油方々店の場所を尋ねるともう少し松山方面に走った所ということで一路目指す。 越智町の中心部を過ぎ5分ほど走った所に『自由軒 本店』はあった。 

正午過ぎだったこともあり車が多数止まっていたが丁度開いたところにバイクを4台止め店内へ。 注文するが少し時間がかかるとのことでしばらく談笑して待つことに。 そうこうする間にも客がひっきりなしに入れ替わる。 

30分ほどして僕は味噌ラーメン、僕以外は鉄板焼きそばが出来たので早速頬張った。 いつも食べる店よりもニンニクがタップリ入っており流石本店!だと妙に感心していた(苦笑) みんな汗だくになりながら食べて入店から約1時間ほどかかったが満足して店を後にした。 

汗だくになったのでジャケットを脱ぎクラキンスーツのエアダクトを全開にして松山方面に再スタートする。 しばらく走ると吾川村に入ったところでR439に乗り替え一路吾北村方面へ。 ここからはいつも走っているルートだったが雲行きが少し怪しくなってきていたので先を急ぐことに。 先行していたFさんを大岡さんが追いかけていった。 

程なくFさんが無線で『途中でルートがシケイン状になっている』とのこと。 そこまで行ったらなんと今まで単線のきついカーブだった峠の麓に大きなトンネルが開通していたので迷わず突入! 山間部のためかトンネル内は少し肌寒かった。 

Fさんは峠を登り始めていたので無線で呼び止めトンネルに来て貰った。 1km近いトンネルを抜けるとまたまたシケイン状になっており狭い旧道に戻りしばらく走ると再び改良したバイパスに戻りすぐにR194に合流、西条方面に少し行き再びR439を大豊方面に山間の2車線を向かった。 

しばらくしてFさんが追いつき追い越していった。 雨上がりなのか路面が所々濡れて乾きかけていたが降られなかったので一安心した。 町村境のトンネルを抜け土佐町にはいりしばらく走った『道の駅土佐さめうら』で休憩を取る。 缶コーヒーを飲んでしばらく談笑していた。 

時刻は2時半、再スタートした。 R32に入り県境を越え時間も早かったので少し走った喫茶店でコーヒーを4人で飲んで帰路につく。 途中Fさんと分かれ僕は道中にある嫁さんの実家に立ち寄るために2人と分かれた。

あとがき
今回はデジカメが使えず味気ないレポートになってしまいましたが久々の大型ツーリングは楽しかったです。 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO