Zで広島に一泊ツーリングに行ってきました
9/17.18日の一泊二日でルフィー親分と広島大和三昧ツアーに行ってきました 

1日目
朝6時に起き、そそくさと準備を始める。 Zは前夜に実家から乗ってきていたので荷物を積み身支度を調え親分の待つローソンへ向かう。 朝飯のパンを買ってほおばっていると程なく親分も合流した。 




イヌアヒル夫妻も参加予定だったが急遽欠席とのことで合流予定地だった松山道入野S.Aは寄らずに行くことにしてAM7:00ちょうどに出発した。 井川I.Cから徳島道に入り一路川之江方面へ。 県境付近で霧雨が少し降っていたが気になるほどではなく無線で話しながら先へ進む。 川之江JCTから松山道に乗り換え松山方面へ。心配した天気も新居浜I.Cをすぎる頃には晴れ間も見え始め小松JCTから今治小松道に乗る頃には快晴になった。 終点の今治湯ノ浦I.Cで降りR196バイパスから県道を経由しR317側のローソンに8:30に到着。 フェリーとの時間調整方々しばし休憩をとる。 


9時前に出発し程なく波方町のフェリー乗り場に到着した。 ここからは70分の船旅になる。 750cc以上は¥2000になるチケットを購入し丁度入港した船に乗船し早速おくつろぎモードへ。



 親分は少し体調がよくないとの事で早々に仮眠をとっていた。 9:30定刻に出発し、この後お世話になる安芸男さんと金ちゃんにメール送ったりしていた。 正月しまなみツーリングでいつも通る来島海峡大橋や瀬戸内の島々の間を縫うような航路で結構狭いところを進んでいたら海上保安庁の巡視船も奔っていた。 






70分の船旅もあっという間で竹原港に到着した。上陸しR185で一路呉方面へ。 丁度2年前広島猿ツーリングで走ったときには結構流れがよかったが今回は結構流れが悪く親分と2局で先に進む。 40km程だが1時間位かかって金ちゃんと待ち合わせた呉市内手前の休山トンネル手前で止まったが金ちゃん&スポーツスターの姿が見えないので親分と相談してトンネル先まで行ってみようということになり休山トンネルに入ったらこのトンネル、流れが悪い上に混んでおりトンネル内は排ガスと熱風で喉がやられそうなくらいだった(苦笑) トンネルを越えたバス停横に停車して様子を見ていたら反対車線を爆音を轟かせた金ちゃんが! トンネル入り口交差点で停車したので側まで走っていって呼んでみたが爆音でかき消され聞こえるわけもなくシグナルブルーで無情にもトンネル内へ(爆) 二人で金ちゃんに通り過ぎた旨のメールを送りしばらくしたら引き返してきた(爆笑) 



気づかなかったけど駐輪お断りの張り紙が(爆)

挨拶をして早速呉市観光ツアーへ。 とりあえず昼食を取るため市内を走る。 松山が生んだ俳人正岡子規の句碑前を通り戦艦大和を建造した旧造船所横を過ぎ到着したのが海事横でバイクを降り海を見たらなんと潜水艦が停泊していた!! すげぇ〜、こんな近くで見えるの?とすぐにパチリ、向こう側にはたくさんの艦艇や音響探査艦などが停泊していた。 




海事官御用達のお店で昼食をとる。 半セルフでご飯は装いお代わりできないが量は自由なんだとか。流石自衛官御用達(笑) 金ちゃんはカツ丼を僕らはサービスランチを食べて(金ちゃんにごちそうになりましたm(_ _)m)今回の目的地呉海軍博物館(大和ミュージアム)へ。 


松山行きフェリー乗り場そばにあり今年春にオープンして早くも来場者50万人を突破したとか。 ¥500で入場券を買って入場するとまず1/10戦艦大和が迎えてくれる。 全長263mの1/10で26mもあり当時の図面を元に造船所で建造したのだとか。 図面に忠実に作られており、その大きさととても細かい作りにただただ圧倒されてた。 









とりあえず大和を一周してから順路沿いに展示物を見る。たくさんの来場者の中にお年寄りがかなり見て取れ、歴史の語り部よろしく同伴の人に当時の話とかをしていたのが印象的だった。 戦艦金剛で実際に使われていた機関ボイラーや九州沖から引き上げた大和の部品や乗組員の遺品なども展示しており僕の母方の祖父も軍艦で戦死しているので何か切ない気分にもなりながら見学した。



 戦艦や空母、潜水艦の精巧な模型も展示しており、その細かい作りに圧倒されるばかりだった。









 また琵琶湖から引き上げた零戦や人間魚雷回転、実際に真珠湾攻撃に参加して真珠湾に沈んでいた特殊潜航艇なども展示してあった。 

零式艦上戦闘機62型







中島飛行機(現富士重工)製栄甲31型エンジン 伝説の星形12気筒


ピストンとプラグと右画像奥にはフライホイールが


マフラーと主翼内蔵の機銃です




特殊潜航艇『海龍』 スクリュー手前に不発弾を食らって沈んでたんだとか


上空50mから観た鳥瞰図だそうです


(左)2階部分から臨む (右)3階部分から臨むと上空100m鳥瞰図になるとか



艦橋脇の機銃や双眼鏡まで精密に再現しています


(左)この方かなり旧日本海軍艦艇に詳しいです(苦笑)
(右)現代の船の吸気バルブ 見た瞬間3人が『タコ棒使っても摺り合わせ出来ないぢゃんか〜』


伊55 ローレライは積んでませんが零戦積んでました(爆)

3Fまで行くと大和繋がりで宇宙戦艦ヤマト&松本零士先生関係の展示物もありアナライザーが迎えてくれていた。 


2時間ほどかけて展示物を見た後屋外展示物を見た後休憩し、帰り際にZのナンバーを見て地元のおじいさんが話しかけてくれた。この方、学生時代に呉港に浮かんだ戦艦大和を目の当たりにしたんだとか。まさに歴史の語り部ですわ〜(^_^;)。

戦艦『陸奥』の主砲身と艦首の部品


舵とスクリュー 


偶然ニアミスしたポンニュウさんご一家

他おすすめスポットを教えてもらったが時間もないので丁寧にご挨拶し次の目的地へ。 少し走ったら急に金ちゃんが停車したので何事かと思ったら呉では知らない人はいないメロンパンのお店へ。 メロンパンといえばあのメロンパンナちゃんの顔のような模様だが呉ではこのお店のものがデフォルトだとか。金ちゃんが四国に遊びに来るときよくおみやげに持ってきてくれるのだがとにかくそのボリュームといったら1個の重量が200g以上(爆)お土産にとたくさん購入して親分と一緒に発送をお願いしたらやはり毎日何件も地方発送しているとのことで店のおばちゃんがてきぱきと用意してくれた。

お店の外観 中は実際に行って見てくださいm(_ _)m

金ちゃんが8に乗り換えるためガレージに立ち寄り8に乗り換え一路広島市へ。



天下のハーレーのハンドルロック どう見ても南京錠なんすけど・・・??

自動車専用の呉広島道路を走り途中の料金所でカード決済しようと思ったら料金所のおじさんに『オンラインでつながってないからカード決済は出来ない』と言われ仕方なく現金で支払い広島側の料金所は金ちゃんにまとめて支払ってもらい広島市に入ってしばらく走ったら安芸男さんちのガレージに到着したのでバイクを預け今回お世話になる安芸男さん邸におじゃました。夜は4人で居酒屋で飲み会に花が咲いた。金ちゃんは翌日仕事なので僕らを送った後呉まで帰っていった。

魅惑の安芸男ガレージと佇む3人衆

2日目
前夜は疲れからか消灯の瞬間に眠って6時には目が覚めた。 7時にみんな起き出し昨日買ったメロンパン屋のパンを頬張り朝から親分が安芸男さんのiMacで何やらググったら『マイアヒィ〜〜』の声が(爆笑) FLASHサイトからいろんな『飲ま飲まイエィ』を探して3人でまったり時間を過ごし10頃安芸男さん邸を後にし前回広島お好みツアーでもおじゃましたお好みやさんに行ってお好み焼きを食べることに。イカ肉玉小を頼んで焼けるまで帰りのルートを地図で確認し出来上がると早速頬張った。 




安芸男さんにまたもやごちそうになり続いては親分のリクエストでご存じにしき堂のもみじ饅頭を買いに本店に立ち寄った後ガレージに向かいバイクに乗り換えR54号まで先導してもらい帰路に着いた。 

(左)にしき堂前 流石にもみじが植わってます
(右)もんきー・D・ルフィー@略奪王ここにあり! 

R54に入ってすぐのG.Sで今回初の給油。 211km走って12.6L入った。 まあまあ燃費ものびてます。 親分も給油して再スタートし途中白バイにも遭遇しながら山陽道広島I.Cから一路岡山方面へ。 風きり音と格闘しつつ無線で話しながら1時間ほど走った八幡P.Aで小休止の後福山西I.Cでいったん降り次の目的地向島の映画『男達のYAMATO』ロケセットに向かう。 


R2バイパスを通って尾道市に向かいR2に出て尾道駅横を走っていると何やら対岸に戦艦大和らしい艦首部分と第1主砲が見えてきた。 尾道大橋に向かうためR2を外れたら尾道I.Cとの合流点から渋滞で殆ど動かない(爆) 親分と無線で『これ全部ロケセット見に行く車かなぁ?』などと話しようやく料金所までたどり着き¥50を支払いR317からロケセットまでの渋滞を交わしながら何とか駐車場までたどり着いたがここからさらにシャトルバスでセットまで向かわないといけないらしいがバス待ちの長蛇の列が1時間は待たないと乗れそうにないほどの人だらけで一気にやる気をなくしてしまい早々に立ち去った(爆) 再び尾道大橋を渡りR2バイパスを一路福山方面へ。 ここは流れも良く気持ちよく進み一般道と合流しても市街地の割にはまあまあ車も流れたので前回ほど時間もかからず、また親分の先導で迷うことなく福山港に3時過ぎに到着した。 


4時発の船に乗るためにはあの長蛇の列を待っていたら間違いなく間に合わないところだった。 750cc以上¥2470だがここはJAFカードの割引が利くので¥2280になった。 2日ともの好天での暑さと久々のシビ子ライディングでの無線運用しながらのツーリングで親分も少しお疲れ気味のようだ。 



日陰で一服しているとフェリーが入港したので乗船して早速船室で寝ころび仮眠を取るが他の客の子供がうるさくて20分ほどで目が覚めてしまいデッキに出て風に当たったりしてたら親分もお目覚めでなんやかんやと話してたら多度津港に到着した。


R319からR11に乗り換え県道を走った善通寺の山下うどんでぶっかけ大を2人ですすり外に出たらすでに真っ暗で、この日は丁度中秋の名月でもあり月の出が見えたのでパチリ。 


今回親分はライトの光軸の調整がうまくいかず走りづらいとのことで僕の先導にスイッチしR32に乗り換え猪ノ鼻峠を越え親分と別れた工場長の勤めるタイヤ屋さんで工場長を見つけしばし話した後帰路に着いた。自宅につき荷物を下ろしZを実家に戻したらPM8:00になっていた。

あとがき
今回は念願の大和ミュージアム観覧でしたがまだまだ見足らない部分もあるので次回じっくり行ってみたいです。 また尾道のロケセットは来年のしまなみツーリング時にでも寄ろうかって親分とも話してます。今回お世話になった安芸男さん、金ちゃんにこの場を借りてお礼を申し上げますm(_ _)m おわり 

おまけ
帰宅したらメロンパンが一足早く親分ちに届いていたらしくうちにも届きました。







SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO