モンキー0−50大会に参加してきました

11月25日に、たかりん杯モンキー0−50大会に参加してきました。 

実は参加4日前にモンキーで出勤してて帰りに突然変速しなくなり23日にバラしてみるとシフトドラムストッパーを止めているビスが緩んでいただけだったのでネジロック塗布の後再組み付けして無事復活した。大会本番で今回のトラブルが出なくてホント良かったと胸をなで下ろし本番用のセッティングに変更する。 今回リジット&セパハンでの出場予定でレース仲間のK君からレース車両のセパハンを借りて取り付けたがステップが前過ぎて膝とハンドルが干渉するためボツ(T_T) リジットも思うように作れずこれまたボツ(笑)結局ファイナルを超ショートに変更して本番に望むことに。 

当日の朝、借りてきた軽トラにモンキーと工具箱、ヘルメットなどをそそくさと載せOさんとの待ち合わせ場所に向かい合流したOさんのモンキーを載せいざ会場に。 1時間ほどで会場周辺に来たので先行しているまっさんに道順を聞いて無事到着した。 すでにチーム三豊のメンバーは到着しておりご挨拶の後早速エントリーをする。 今回は0−50、0−100、0−50トーナメント、ジムカーナ、ウィリー大会の5カテゴリーでとりあえず0−50とトーナメントにエントリーした。 ライダーズミーティングを聞いてたら今回0−50は公認記録としてモトチャンプ誌に掲載されるとのこと。 また有料だったウィリーとジムカーナが参加無料になったとのことでジムカーナも急遽参加(爆)

最初に0−100コースを使って練習走行をしてみる。 ファイナル2.75で2速スタート仕様にしていたがやはり上で伸びないので急遽ドライブスプロケを13Tに換えファイナル2.53で1速スタート仕様の方がよさそうだったのでこれで行くことにして練習を終えた。 一方前々夜にエンジンを組んだOさんはブリッピングしてもイマイチ上でバックファイヤーするのでリセッティングを繰り返していた。点火時期とジェット類を見直した後プラグを見てみると真っ黒だったので掃除して再び始動してみると調子よく吹け上がっていたのでその仕様で何度かテスト走行するとOKとのことでPM12:00からの競技開始に備え早めの昼食にする。 

Oさんがおごってくれたコンビニ弁当を平らげみんなのバイクを見て回った。 まっさんは愛車ステップバン(ワゴンじゃないよ)で来てたので見せてもらう。なんとキャブはFCR(笑) これにモンキー2台載せてきたそうで、さすがまっさんと感心した。あと高知のチームえてきちのヒロさんも来てたので挨拶しに行くと今回武川124CC&たっちゃんから借りたスーパーヘッド&ローハンドル&リジットと万全の必勝態勢で来ていた。ヒロさんの友人だという高知市から来ていた面々はみんなリジットで速そうなバイクばっかりで僕のはとても場違いの感じがした(笑)

まっさんのステップバン  FCRが付いてます!!

まっさんの2号機(左)&3号機(右)

Oさんの4L改(左)と ばーしたさんの4L改(右)

 Iさんの0−50スペシャル(左)と おなじみ艦長さんの5L改(右)

Sさんの4L改(左)と前回九州ドラッグ勢を下したさかもげさんの5L改(右)
サムソンさんの4L改

そうこうしてると競技開始とのことでまずは急遽参加種目のジムカーナだ。 参加者は、プレイングスタッフの艦長さん、Oさん、まっさん、チーム三豊のばーしたさん、Sさんのわずか5人(それも仲間内ばっか) まず艦長さん先導でコースを3周慣熟走行していよいよ本番だ。 まっさん、Oさんと終わり僕の番が来た。スタートして2つ目のターンでフロントが滑って何と転倒!! 左足を軽く擦りむいたが大したことはなく艦長さんが「クラキンさん、再スタートOKです!」と言ってくれ再スタートする。 前後タイヤがスリップダウン寸前で左右ステップも常時ガリガリでゴールラインを通過するとタイムは37秒14だった。ばーしたさん、Sさん、艦長さんが終わって1回目は僕がトップタイム。 2回目でOさんが36秒98! 次に僕が36秒64! その後3回目は僕はパスしたがみんなタイムが届かず結局僕が優勝?してしまった(笑)  結果は別ウィンドウで・・・
転倒でフェンダーが傷物に・・・(笑)

次に0−100タイムアタックだ。 武川DOHCヘッド&ウィリーバー&インナーローターの完全ドラッグスペシャルやリジット仕様のバイクが6〜7秒台でゴールラインを駆け抜けていく。 3回計測で結局高知の白ゴリラの方が6秒30で優勝したようだ。 

  艦長さん(左)と   まっさん(右)

チーム三豊のIさん(左)と  高知えてきち軍団のヒロさん(右)

DOHCヘッドのドラッグSPL(左) とホイヤーの計測機器(右)


30分程のインターバルの後いよいよ0−50だ。 僕のは88CCなので4Bクラスだ。 1回目、1、2速で引っ張り5秒481。 2回目、1回目よりクラッチミートがうまくいき5秒462。 3回目は早めのシフトアップで5秒456と僅かだがタイムがアップした。 結局僕はクラス5位だった。4Bクラスに続いて4Cクラスも続々とタイムアタックをしていった。

Oさん(左) まっさん(右) フレームアウトしてスンマソン_(_^_)_
ばーしたさんアタック中!!

タイムアタックの後はトーナメント制のバトルロイヤル(クラス分けがないので)だ。 くじ引きをして対戦相手を決めると僕の相手は0−100ウィナーの白ゴリラだ(爆)  「勝てるわけないやん(爆)」と、思いながらスターターの合図でスタート! クラッチミートはばっちりで序盤はリード、と思ったら怒濤の勢いで抜かれてしまいゴールでは3車身は開いていた(笑) 負けたのでそそくさと写真でも撮ろうかと思ったらOさんが「敗者復活があるよ〜」と教えてくれたので再びスタート地点へ。 丁度それぞれ初戦敗退したOさんとまっさんが敗者復活でスタートし、僅差でOさんが勝って敗者復活2回戦へ進んだが2回戦で惜しくも敗れた。 僕も敗者復活に望んだが1回戦同様に負けた。 結局高知のヒロさんの友人の高知市内の方同士の決勝で結局0−50&0−100の全カテゴリーを高知勢がかっさらっていった。

最後にウィリー大会があり遠巻きに見てると、まっさんと艦長さんがエントリーしており、途中までまっさんがトップだったが最後に抜かれ残念ながら2位だった。艦長さんも惜しくも3位になったがまっさんは3回目のトライで竿立ちになりリヤフェンダーとナンバーが擦れ、艦長さんは3回目に派手に転倒してマフラーがカチ上げになっていた。
後で見に行くとバイクは結構痛んでいた。お大事に・・・


まっさんの3号機(上)と艦長さんの無惨なヨシムラ管(下) 尚画像は本人の希望により加工してます

全競技が終わり表彰式になりまずウィリー大会のまっさんと艦長さんが表彰台に上り、次にジムカーナは、Oさん、ばーしたさん、僕の知人で独占(当たり前) MJ誌のスタッフの方に写真を撮ってもらいOさんが夕方に予定があるとのことで先に会場を後にした。

ウィリー大会の表彰(左)    ジムカーナの表彰(右)

今回のイベントに参加して、平凡な結果に終わったもののカリカリにチューンしていない僕のモンキーでも充分楽しめました。 次回はファイナルをもっと煮詰めてリジットで臨みたいです。  尚リザルトは別ウィンドウで表示されます。

 0−50 のリザルトを見てみる

 0−100のリザルトをみてみる

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO