ぶらっとうどんを食べに行って来ました

10月13日に工場長とミニツーリングをしてきました。 それは前日の夕方にタイヤ屋さんに寄ったら工場長が「明日ZUでぶらっと走ってこよかな?」と言ってたんで急遽お供することにしたらうどんをはしごしようってことに。 

AM8:30にタイヤ屋さんで待ち合わせなので暖気がてらゆっくり行くともう工場長は準備OKで待ってくれてた。 ここで無線のアンテナを僕が忘れたことに気がついたが工場長の車のアンテナを借りていくことにして出発した。


工場長が琴平町に用があるとのことでそれをまず済ますためとりあえず猪ノ鼻峠を登ると一連の舗装工事で路面がすこぶるいいので自然とコーナーのペースが上がる(爆) 無線で雑談しながら気持ちよく峠を越え、30分ほどで琴平町に到着、用事を済ませ最初の店を『山越』と決めて再出発!! R32を高松方面にしばらく走りR377に乗り換えると程なく釜玉うどんでおなじみの『山越』に到着。 ここで時間はAM9:15、 まだそんなに客は居ないかな〜と思ったらいきなり15分待ち(笑) 並んで待つ間に次の店を決めてたら工場長から「琴南の谷川米穀店」のリクエストがあったがこのままだと開店1時間前くらいに到着しそうなんで超レアな近所の店『三島』に行くと決めルートも決定していざ釜玉を2人共ほおばった。 うどん好きの工場長も釜玉は初体験だったが味もさることながら一杯¥140という安さでも喜んでもらえたようだった。 店を出たのが9:45、このとき既に僕らが来たときの倍くらいの待ち時間になっていた。

      工場長食べる!!(左)              帰りの長蛇の列(右)

山越を後にし、池内うどんの前を通り県道に乗り換えるとこれが山を抜けるワインディングでまたもや気持ちよく流ししばらく走ると首切峠を越えR438に出て一路徳島方面に走ると程なく次の目的地『三島』に到着した。 ここは去年のF−OC四国オフでうどん王TOKUさんに教えて頂いた激レアうどん店で表には看板も暖簾もない店構えでバイクを止め店に入ると既に生地を練ってたので早速小¥100也を2つ注文し出てきたうどんにしょうゆと味の素をかけて食べる。 ここでTOKUさんだとスダチを用意するのだろうけどさすがに忘れてた。 工場長共々味に満足してあっという間に平らげて店を出た。

   お店の外観。 ホントに暖簾も看板も無いでしょ!!

工場長食べる!! PART2(笑)

せっかくここまで来たので通り道の谷川米穀店を国道から眺める。 時刻はAM10:20、11時開店にもかかわらず既に店内は満席で外にも何人か並んでた。 再出発して上りのワインディングを気持ちよく流し途中の『道の駅ことなみ』でバイクを止め缶コーヒーを飲みながらしばし談笑する。 少し標高も上がって道路の気温表示は17℃、陽が出ていると汗ばむ位だが翳ると肌寒い位で木々も赤くなりかけてた。


時刻も11時になり出発する。 県境の三頭トンネルを抜け徳島側の10%下り勾配のワインディングをちんたら下り県道に乗り換えすぐの所の知人が経営するバイク屋さんで30分ほど話してからお昼にはタイヤ屋さんまで帰ってきた。

走行距離だと100kmにも満たない今回のミニツーリングだが、「こんなのもたまにはいいね」と工場長とも話して解散となった。 次回はお猿で出かけよかな・・・?    おわり

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO