Z1000が納車されました
登録のための予備検査で1週間ほど待ちましたが7/22の大安にめでたく納車されました。 車番も気に入った番号だったので良かったです。 

まずリヤシートを純正オプションのシングルシートカバーに交換した。 驚いたのはカバーASSYを注文したのに届いた部品は金具から当たりゴム、グロメットに至るまですべてバラバラ状態の別梱包部品として大きな一袋で届くので自分で組み立てないとあきません(流石カワサキと妙に納得)  ノーマルシートを外しあらかじめ組み立てておいたシートカバーに付け替る。 しかしカバー前部がつっかえてロックできない? 一旦外し、よく見てみるとなんと前部の金具を引っかける部分が左右で高さが違う?? どうやら組み立て時にリヤシートを無理矢理入れたためにステーが曲がったようで左右のステーの高さが違いカバーが干渉して付かなかったようだが幸い溶接部分の高さは違ってないようなのでレンチをかませて調整し無事付いたので(~o~)ホッと一安心 



あとエンジンサイドカバーの赤の部分がどうも気に入らなくてカワサキのメーカーサイトを見ていたらどうも赤い部分がエンジンスライダーも兼ねた樹脂で出来ていることが分かったので塗り替えようかと思い下地のみの未塗装部品がないかとメーカーサイトにアップしているパーツリスト(これはメチャありがたいです)を見て分解図から品番検索したらなんと一番上にオプションとして黒がラインナップされておりまた価格も¥945とリーズナブルな上、左右共通だということでシートカバー共々注文しておき納車時に交換した。 


ところで僕が中学生時代(S56〜59年)に愛読していた月刊O誌によると当時カワサキの部品供給体制は納期1月とか書かれてたのでどのくらい掛かるかと心配したが注文した翌日に届きましたわ(爆笑) ホンダ並みの供給体制に脱帽です(^_^)v

オーナーズマニュアルによると慣らしは1000マイル(1600km)、それも初めの500マイル(800km)は4000rpmまで、残りは6000rpmまでということだ。 職場に納車して貰ったので終業後に実際に走ってみると最初1速⇒から2速に入れるのがメチャ渋い! こんなんで大丈夫なんかいな?と半信半疑で走っていると50km巡航で水温が一気に100度オーバーでファンが全開に回り出し股に温風が吹いてくる(爆) それでも明るい内に64kmほど走って初日は終了。 


7/24(土) 慣らしのために早朝から高知方面へ。 この日も朝から30度まで気温が上がり水温も100度の間を行ったり来たりでまるで炎天下に長袖来て温風ヒーターの前に座っているような暑さだ(爆) 途中のコンビニで休憩して缶コーヒーを飲んでホッとするがこのバイク、夏は勘弁して欲しいわ(自爆) 



それでも納車時に気になったシフトの渋さは幾分緩くなっており気を取りなおして一路高知の手作りソフトクリームがおいしい店(たい焼き食堂)まで走ると開店前だった(核爆) 仕方ないので引き返すと午前11時前で推定35度の気温が容赦なく水分を奪っていくので帰り道オートランド大岡さんに涼を求め緊急避難し一命を取り留めた(爆) 本日の走行130km


7/25(日) 早朝より高松方面へ。 目的は高松の某大型バイクパーツ店の日替わり特価限定2個のNISSINラヂアルポンプマスターをゲットするため山中の農免道を空港方面に進みR377に乗り換えた所でFUELゲージがEレベルで点滅を始めた(恐) まだ250kmも走ってないのにこれかよ〜と今後のツーリングのことを案じながらR193に乗り換え給油したら13Lしか入らない? 満タン18Lなので残量5Lで点滅する訳ね(^_^) 254kmで13Lなら約20km/Lは走るが一応250kmが給油の目安ってことにしておこう! いいデータ取りになりましたわ。 開店1時間前に到着。 が、駐車場も開いてない(爆) と思ったら店員さんが来て開けてくれた。 一番乗りかと思いきやAE86乗りのおじさんが先客で、話してたら他の物がお目当てらしくこれでお宝ゲット! すぐに爆音のバリウスに乗ったお兄さんが来て彼も同じマスターがお目当てとのことでこれにてマスターは完売!! その後珍しく20人くらい並んでいた。 開店後お目当ての品を手に入れると次の目的であるZと奥さんのMOVEを交通安全祈願のお祓いをするため高松市内の田村神社へ引き返す。 奥さんと待ち合わせした神社側のローソンにドンぴしゃで到着。 2台で境内に入り申し込み家族4人でお祓いを受けた後、巫女さんがタイヤに御神酒をかけてくれ終了。 しかしこの日も推定35度で暑いのなんのって汗が止まらない(>_<)  この日は大安だったので続々とお祓いの車がやって来ていたので巫女さんも暑い中鼻の頭に汗をかきながら御神酒をかけていた。 近所のうどん屋さんで食事した後、高松で買い物をするという奥さんを見送り猛暑の中空港経由でR438経由で帰宅するが途中熱中症になるかと思うほど暑かったのでぱれす君ちにお披露目方々寄ってクールダウン、でも雲行きが怪しいので早々に帰宅した。 本日の走行130km

7/27(火) この日は午後から学校のプール当番だったので1日有給休暇で早朝から慣らしに出動!! 県道12号で脇町まで行きR193に乗り換え高松方面へ。 高松空港下からお気に入りのR377経由農免道で財田町まで抜けR32で帰宅した。 本日の走行120km

8/ 8(日) ここで一気に走行距離を伸ばそうと慣らしツーリングを敢行!! 工場長がつきあってくれるとのことで2台で高知方面へ。 根曳峠を下ったローソンで休憩して高知に住んでる工場長の娘さんの顔を見に行ってから伊野I.Cより高速道初走り!! 4000rpm、90km巡航で回転を気にしつつ我慢して走るが高速巡航だと水温は80℃前後で安定している。 やはり走行風圧の恩恵だろうか。  須崎東I.C先の道の駅かわうその里須崎で休憩する。 ZX11のオーナーさんが『このバイク雑誌以外で初めて見たわ』だって(笑) 僕も『まだ自分以外で赤は見たこと無いですけど』って返しておいた(爆)  



ここからはR197で一路愛媛方面へ。 先の雲行きがだんだん怪しくなってきて檮原町に入る頃は今にも降り出しそうな空になってきた。  大規模林道入り口を過ぎたあたりでポツポツ降り出したのですぐ先の道の駅ゆすはらの雲の上のレストランで雨宿り方々昼食をとる。 1時間ほどで雨は上がり再スタートした。 路面は徐々に乾いてきたが県境を越え日吉村に入ったあたりで突然大粒のシャワーのような夕立が降りあっという間にパンツまでびしょびしょに濡れてしまった。 それでも走り続けるとすぐに止んだので先を急ぐ。 肱川町に入ったところで先行するミニバンを抜こうと白線に変わった途端右に出た瞬間、すぐ先に白黒ツートンの車が見えたのですぐにパスするのを止めたら案の定パンダ様が赤灯の間のレーダーで取締中! その上白バイまで隠れていた(爆) 飛ばしてなくてホント良かったと胸をなで下ろした(^_^;) すぐ先のG.Sで工場長がGSFに給油とのことでZにも少し早い給油をすると230km走って12L入った。 大洲市に抜け肱川沿いに長浜町まで抜け海沿いのR378に乗り換え一路伊予市方面へ。 海沿いの快走ルートはさっき降られた夕立が嘘のように快晴でびしょ濡れだった服も走行風でほぼ乾いて蒸発する際に気化熱が奪われ身体も結構涼しく快適に走れた。 双海町の道の駅シーサイドふたみで休憩するが海水浴客でごった返していてライダー2名はとっても浮いていた(苦笑) すぐ先の伊予I.Cから三島川之江I.Cまで松山道を走っている途中西条を過ぎたあたりで800kmを超えたのでリミットが6000rpmに上がりり6速5000rpm、120km巡航で帰ってきた。高速を降りてのR192は回転を気にせず快適に帰ってこれた。 帰宅後1時間かけて隅々まで洗車した(笑) もうすぐ1000km、オイル交換して九州だぁ〜!!

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO